フィジー観光情報 サイトマップ
メニュー
TOPページ
NEWS
トラベル
ムービーギャラリー
フォトギャラリー
スマイル@フィジー
エリアガイド
リゾートガイド
アクティビティガイド
ウェディング@フィジー
エンターテイメント
フィジー基本情報
 
アクティビティガイド
  HOME > アクティビティガイド > ダイビング
フィジーでパラセイリングなどのマリンスポーツ フィジーでゴルフ フィジーでフィッシング、サーフィン フィジーでクルーズ フィジーのラグビー情報
フィジーで楽しめるアクティビティトップ フィジーのダイビングスポット フィジーのダイビングショップ フィジーのダイビング体験談 フィジーのジェットフィジー
代表的なダイビングスポット
ナンディ国際空港沖に点在する島々の周辺がスポットです。初心者でも楽しめる穏やかさが特徴です。サンゴや鮮やかな熱帯魚を見られるドロップオフが多く、水深は10~20mほどで、流れはほとんどありません。
マナ島からボートで15分ほどの「スーパーマーケット」というポイントでは、めずらしいシャークフィーディング(サメの餌付け)を見ることができます。
ページトップへ戻る
ビチレブ島南岸のパシフィック・ハーバー沖に浮かぶベンが島の周辺で潜ります。バラエティに富んだ複雑な地形が特徴で、発達した美しいソフトコーラル群も見られます。
水深は20m前後で、やや流れの速いダイナミックなポイントが多いため、ある程度の経験が要求されます。ただし、日によっては初心者にも向いたポイントで潜ることもあるので確認が必要です。
ページトップへ戻る
フィジー第2の島バヌアレプ島南岸にあります。世界的な海洋探検家、ジャン・ミッシェル・クストー氏の運営する高級リゾートがあることも、話題となっているエリアです。
ソフトコーラルが発達し、魚影も濃いスポットで、これからのさらなる開発が期待されています。
ページトップへ戻る
ビチレブ島の南に浮かぶカンダブ島は、秘境の趣きを残している島ですが、世界有数のダイビングスポットと言われています。島の東北にあるオノ島という小島から、北へ30Km以上も続くアストロレイブ・リーフがスポットとなり、バラエティに富んだダイビングが楽しめます。
ただし、設備の整った高級ランクのホテルがほとんどないため、あくまでもダイビングが目的という方におすすめできます。
ページトップへ戻る
ガーデンアイランドと呼ばれる美しい離島タベウニの周辺にあります。多くのポイントは、バヌアレブ島との間にあるソモソモ海峡にあり、発達したソフトコーラルとユニークな地形が特徴です。
大物回遊魚を見られるチャンスも大きいエリアです。流れは速めで、ドリフト・ダイブとなることが多いため、中性浮力の力量が要求されます。
ページトップへ戻る
  HOME > アクティビティガイド > ダイビング