フィジー観光情報 サイトマップ
メニュー
TOPページ
NEWS
トラベル
ムービーギャラリー
フォトギャラリー
スマイル@フィジー
エリアガイド
リゾートガイド
アクティビティガイド
ウェディング@フィジー
エンターテイメント
フィジー基本情報
 
エンターテイメント
  HOME > エンターテイメント > 火渡りの儀式
メケ・ショー カバの儀式 火渡りの儀式
火渡りの儀式
 
     
火渡りはフィジーのリゾートでは欠かせないアトラクションのひとつ。
しかし、本来はとても神聖な儀式です。

火渡りのオリジンは、ビチレブ島パシフィック・ハーバー沖に浮かぶベンガ島のサワウ族によるものだとされています。というより、ベンガ島のサワウ族以外は、火渡りはできないことになっています。
いまでこそ南太平洋有数のダイビング・スポットがある島として知られていますが、島そのものは観光的な開発はされておらず、昔ながらの生活が営まれています。そんな素朴な農民に伝えられている火渡りの伝説とはどんなものでしょう。

遠い昔、ベンガ島に住むサワウ族に、ツイという漁の得意な男がいました。ある日、ツイは島の奥の小川に行き、見たこともないような巨大なウナギを釣りあげました。喜ぶツイに、なんとウナギが話し掛けました。ウナギは神の化身であり、助けてくれたら火の上を歩くことができる業を授けようというものでした。
「本当なら助ける」とツイがいうと、神はその場に穴を掘り、石を入れて火を放ちました。よく焼けたところで神は「さあ、歩いてみろ」と言います。勇敢なツイは意を決し、石の上を歩きましたが何の火傷も負いませんでした。以来、ツイは神の霊力を授かったものとして、火渡りの行者となったといいます。

この伝説以来、ベンガ島のサワウ族はツイの子孫を行者として崇めることによって、火渡りの業を身につけることができるようになり、今に伝えてきたそうです。現在でもこの儀式を司るベテと呼ばれる僧は、ツイの直系の子孫だけ。

リゾートホテルのアトラクションというと、何だか単なるショーのような感じですが、たとえそれがショーであっても、ベテを中心にし、禁欲、断食などの厳しい修行をしたものだけが火を渡ります。

では、火渡りはどうように行われるのでしょうか。
まず、地面に穴を掘って石を詰め、その上にたき木を組んで火をつけます。2~3時間、石が真っ赤に焼けるまで火を燃やし続け、よく焼けた頃、高僧ベテの合図があり、火渡りの儀式が始まります。
これを前に火を渡る男たちはカバの儀式を行い、霊力を養っています。渡る前にベテによってさらなる霊力を授かると、男たちはゆっくりと焼けた石の上を歩きはじめます。
ひとりひとり指示を出す男に従い、時に勇気を奮い起こす叫びをあげながら火渡りは続けられます。 太陽の輝く島フィジー。そんな底抜けに明るい雰囲気とはまったく異なり、火渡りは神とともに伝えられ続けてきました。

気軽にこのアトラクションを見に行っても、いつしかその迫力に飲み込まれてしまいます。フィジーにはまだ、聖なる魂が生きています。
  HOME > エンターテイメント > 火渡りの儀式